スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
もりわじん個展「ネコ、弾んじゃった♪」
もりわじん個展「ネコ、弾んじゃった♪」
●2011年4月28日(木)~5月8日(日)*5/2休廊

mori11dm.jpg

とりあえず なんとなくでも いいからさ 心弾んで 楽しく暮らそう
『ハズミ猫』 見れば仄かに 暖まる そんな気分が 芽生えてきます
わじんねこ いつものように おみくじで 神仏ご加護 さらなる安堵

 2Fギャラリーで新作『ハズミ猫』を発表
 1Fギャラリーでは「おみくじ神仏百覧会」を開催します。
 和室には上野にパンダが来たのを記念して、大熊猫作品を展示。

*作家在廊予定日:全日

◎もりわじん絵日記
スポンサーサイト
2011-04-28 16:35 | 展覧会
Cats aid in 益子陶器市
3/11の東日本大震災で震度5強の揺れを観測し、大きな被害を受けた焼きもののまち・栃木益子。復興への足がかりとして、毎年恒例の「益子陶器市」が開催されます。この陶器市で、東京谷中ギャラリー猫町での「猫の手集めて復興支援! チャリティアート展」参加作家の陶芸家・半澤淳子さん、須永みいしゃさんが、Cats aidの志を引き継いで募金活動をしてくださることになりました。山形在住のアーティスト、もりわじんさんが祈りを込めて創った招き猫作品と、「Cats aid」缶バッヂが、東京から益子へとリレーされます。ぜひお出かけください。大きな賑わいで益子を、そして被災地の動物たちを支援したいと思います。

チャリティ対象
●もりわじん作品
●「Cats aid」缶バッヂ(500円以上募金してくださった方に差し上げます)
*売上、募金の全額を災害時の犬猫救援活動にあたっている「緊急災害時動物救援本部」に寄付します。
会期:2011年4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)
会場:益子陶器市半澤淳子会場(城内坂もえぎとなり)
須永みいしゃ会場(かまぐれの丘)*詳しい場所はブログでご確認ください
会計責任者:半澤淳子
募金先:緊急災害時動物救援本部
会計報告:半澤淳子ブログ上にて報告予定

半澤淳子ブログ●http://necosara.jugem.jp/
須永みいしゃブログ● http://salukis2727.blog37.fc2.com/
益子町観光協会●http://www.mashiko-kankou.org/mta1/mashikoyaki/toukiiti/tokiichi.htm
2011-04-28 09:01 | お知らせ
「猫の手集めて復興支援! チャリティアート展」結果のご報告
 この度は「猫の手集めて復興支援!チャリティアート展」へのご協力をいただきありがとうございました。急なご依頼にも関わらず、お声掛けさせていただいた作家さん全員に快諾いただけたことは大きな励みとなりました。また、余震や停電、原発問題が続く中でも多くのお客様に御来廊いただき、作品を楽しんでいただけたことは大きな喜びでした。改めて、人や気持ちが集い、つながる「場」としてのギャラリーの役割や使命を再認識いたしました。
遅くなって恐縮ですが、結果報告をさせていただきます。

会期:2011年3月31日~4月10日(4/4~6休廊)
会場:ギャラリー猫町
参加作家:あべ夏/天野千恵美/有田ひろみ,ちゃぼ/五十嵐祐輔/石渡いくよ/稲田 敦/小澤康麿/春日 粧/小出信久/小島美知代/櫻井魔己子/佐山泰弘/松風直美/須永みいしゃ/蝉 丸/高橋侑里/高原鉄男/出町千鶴子/半澤淳子/板東寛司/東 早苗/東直生/ひがしりょうこ/平林義教,利依子/布施和佳子/松本浩子/水野志元乎/宮内久美子/村上しよみ/もりわじん/山口マオ/横倉絹枝 計33名
協力:月刊猫とも新聞(有限会社ムウズスーパーオフィス)
主催:ギャラリー猫町
代表幹事:板東寛司
幹事:小澤康麿/松風直美/出町千鶴子/もりわじん
来廊者合計:346人
2011/4/15現在の合計金額:668,132円(作家作品売上、猫とも新聞売上、風呂猫プロダクツ売上、4/2fishing with johnライブチャージ、募金を含む)

チャリティ領収書-06s


* 全額を東日本大震災義援金として「緊急災害時動物救援本部」に募金させていただきました。ご支援ご協力、本当にありがとうございました。
* 一部作品につきましては、引き続きギャラリー猫町の「復興支援コーナー」にて展示販売を継続させていただいております。
* 復興への道は遠く、原発問題も収束しておりません。引き続き、被災地や被災動物に対する支援活動を続けて参りたいと思います。これからもご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

Cats Aid ムービー(YouTube)
2011-04-20 17:08 | お知らせ
「猫のための写真講座」卒業写真展 猫・人・命・絆
 キャトグラファー板東寛司が講師をつとめる「東急セミナーBE渋谷2010後期クラス」受講生による卒業写真展。家猫の愛らしい姿や外猫の凛々しい佇まいなど、猫のさまざまな魅力をとらえた個性豊かな作品をご鑑賞いただければ幸いです。
 このたびの東日本大震災や福島原発事故においても多くの方々、多くの動物たちが被災しました。今も必死の救護活動が続けられています。改めて、命や絆の大切さを感じずにはいられません。猫も人も平和に穏やかに共生できる世界を、と祈ります。

川井みさえ 山藤万里子 尾崎由紀路 中村まき子 小宮佳江 中島恵美子 森千佳子 櫻井正浩 坂下美穂子 柴田エツ子 真柄牧子 副田道子 越野聡美 谷口耕子 山藤万里子 小野和子 鈴木潤子 国府田敏之 横山哲也 神谷勇人(敬称略 順不同)
2011-04-14 17:50 | 展覧会
白浪のりこ個展「日本神話を旅する猫たち 2」
4月14日(木)~4月24日(日)*4/18~20休廊
1Fギャラリー展示
白浪のりこ個展「日本神話を旅する猫たち 2」

shiranami11dm_20110414174742.jpg

「日本神話に登場する、さまざまな神さまに転生した丸顔の猫たち…。今回、新たな絵画・立体作品をまじえて、シリーズ第2弾を開催いたします。数量限定グッズもあります」
イラストレーター 白浪のりこさんの世界をお楽しみください。
*作家在廊予定日:全日
2011-04-14 17:42 | 展覧会
谷中霊園の桜
携帯の画像で、あまり綺麗に撮れてないのですが
4月7日午前10時過ぎの谷中霊園の桜並木です。
ほぼ満開。

hanami2.jpg

ただ、例年ならシートを敷いて場所取りをしてあったりするんですが
今年は誰もお花見の席を用意していないようです。

hanami1.jpg

桜の樹にはこんな貼紙が…。

薄曇りですが風もなく暖かいので、ゆっくりと散策するにはいい日です。
上野、谷中方面にお花見にお出かけの際は、ギャラリー猫町「猫の手集めて復興支援!チャリティアート展」にも、ぜひお立ち寄りください。
2011-04-07 13:36 | 谷中情報
作家さんたちからのメッセージ5
「『辛い』という字に『一』を足したら『幸』せ、になった だからあと一歩だけ、がんばるにゃん。
切り絵の仲間の家にも南相馬市から避難してきた方が身を寄せています。原発のために遺体を探しに行くこともできず、探しても引き取ることもできず、本当に地獄のようだそうです。地震、津波にくわえて原発事故…原発は人災ではないのでしょうか。本当に胸が痛いです」横倉絹枝

「何も無いところから新しいことを始めるのは辛いこともたくさんあるけれど楽しい。また種をまいて、花を咲かせましょう。 :もりわじん:
今回、震災だったせいもあって、こんな気持ちで「もがみん」に花を咲かせました。去年は東北の土に耕し種をまいていたのでしょう。今こそ芽が出る時と感じ、とうとう花が咲きました。」もりわじん

「宇宙船地球号の危機 みんなで乗り切ろう」山口マオ
2011-04-06 12:45 | 展覧会
作家さんたちからのメッセージ4
「●なまずの応援メッセージ
大地震や大津波は大昔から何度も起こしてやった。そのたびに人間はしぶとく立ち上がってくるから、今回も心配はいらん。
これ以上原発が増えてはかなわないと思ったので、今回は、ちょっと大あばれしてやったけど、本当にこわいのは、原発の電気を必要とする電化社会でぬくぬく暮らす人間だとわしは思う。
●猫の応援メッセージ
言葉はしゃべれないけれど、いつでもよりそって見守ってあげたい
● 作者の応援メッセージ
突然たち切られた命や生活を思うと、何も言葉になりません
この地震を教訓に、まず自分の生活を見直してみます」小澤康麿

「どうかどうか、平穏な日々が一日も早く戻りますように…」布施和佳子

「空には雲が 雲には風が 風には雨が 雨には大地が 大地には緑が 緑には太陽が 太陽には空が みんなみんな ひとりではありません」(松風直美)
2011-04-05 07:40 | 展覧会
作家さんたちからのメッセージ3


「本当に大きな震災に、何か少しでもお手伝いできればと思い参加しました。一緒に暮らしていた人達にとっては猫や犬も家族同然だと思います。また元の家族のところへ、1匹でも多く元気に戻れるようお祈りしております。」櫻井魔己子

「大切な家族と共にたくさんの時間を重ねて築いてきた幸せな生活を、一瞬にして失ってしまう事はどんなに辛い事でしょう。今まで支えてくれた家族やペットとの思い出の地に早く平和な生活が戻りますよう 心よりお祈り申し上げて居ります。
赤ん坊招き猫は生まれたままの無垢な姿で、未来の大きな福を招いています。今はまだあどけなくても、無限の可能性を秘めています。
赤ん坊招き猫が招く福のように 皆様の一つ一つの努力と忍耐が、時間は掛かりましても大きく実を結びますよう 願っております。」宮内久美子

「蝉丸の今年のテーマは「祈り」になりました 国難とも言うべき未曾有の大震災の前にただ茫然とするだけですが、自分に出来ることは何かと考えた時に、まず一番に「祈る」という言葉が自然に出てきました 震災の悲劇にあわれた方達、現在避難所や苦しい日常を送られている方々、そして残された我々の未来に、心から祈りを捧げます
そしてそれを形にしていきたいと思います 今回の「猫の手集めて復興支援! チャリティアート展」に参加いたします 今後は個展で「祈り」をテーマに制作発表、ささやかですが、活動の場で「東日本大震災チャリティコーナー」を設けてその売上の全額を義援金とし、日本赤十字社に寄付をしていきます
この「日本丸」の運命共同体にいる私達は、たとえ一人ひとりは小さな事でも積み上げて津波に負けないウェイブを作り、力をあわせてこの難局を乗り切りましょう 
みんなに笑顔が来る日を願って…」蝉 丸
2011-04-04 07:36 | 展覧会
作家さんたちからのメッセージ2
「一緒がいいね
一緒だから幸せ
一緒だから楽しい
だきしめてあげたい飼い主ゴコロ
だきしめてほしいペットゴコロ
早く一緒に暮らせますように」須永みいしゃ

「この悲しく苦しくつらい中 本当に大切なものを知る ぎゅーっと抱きしめる 心も体もあたたかくおちついてくる この大切なものたちのために 安心して暮らせる日をとりもどしたい!」半澤淳子

「停電の日の夜に町を歩いてみたらいつもより星がきれいでちょっと複雑な気分でした。人も動物も安心出来る日が一日も早く来ることを」小出信久

「がんばりましょう!」佐山泰弘

「またふたたび 心に安らぎの芽が
生まれますように
幸せの芽が
生まれますように
やさしい手の中で
その芽が
大きく茂り
全ての命の上に広がりますように」天野千恵美

「一日も早くすべての生きとし生けるものに平穏が訪れますように… にゃんばれ日本!!」春日粧

「はらはらとおろおろとただ心配する事しかできないでいます でも…信じています 祈っています 日本中 世界中が 復興の猫の手となって応援しています」村上しよみ
2011-04-03 07:33 | 展覧会
作家さんたちからのメッセージ1
「チャリティアート展」にお寄せいただいた作家さんからのメッセージです。本当は手描きのあったかい文字でお伝えしたいのですが、とりあえずご紹介。長くなりますので何回かに分けます。(お名前は順不同です)

「どんな困難だって絶対に乗り越えられる!! 皆が味方だよ。」小島美知代

「今を生きよう。みんなでささえる。」松本浩子

「この度の地震津波により被害に合われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。これらの作品、わずかですが義援金として何かの役に立つなら幸いです」水野志元乎

「人々の心のあたたかさ、強さを知りました。前向きな気持ちを持ち続け、国民で力を合わせてすこしでも早く復興できますようにと願っています。」りんこうぼう 東直生・ひがしりょうこ

「応援しています! 前を向いて一歩ずつ」平林義則・利依子

「ずっと側にいるから 一人じゃないから 大丈夫だからね」東早苗

「このたびは未曾有の悲しい出来事に心を痛めています。家族である動物たちが1匹でも多く助かることを祈っております。少しずつでも、一歩、一歩、前進! 前進!!」あべ夏
2011-04-02 18:31 | 展覧会
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。